京都山科の子育て世代を応援します!

やましなさん

検索

炎の池

インタビュー

%img2%

Q.ずばり名前の「炎の池」の由来とは?

真一さん(以下「真」):「僕の名前が『池田』やから、『○○の池」って名前にしようと思ってたんや。」

孝之さん(以下「孝」):「で、うちのお店はシチューが看板メニューなんですけど、それを土鍋でお出しするスタイルなんです。熱々のデミグラスソースが土鍋の中でぐつぐついってる様子はまさに『炎の池』みたいでしょう?笑 そういう意味も込めてこの名前になりました。」

Q.お料理へのこだわりは?

孝:「デミグラスソースは、フォンドポーを3日間煮込み続けて作ります。地道にソースからつくっているところはなかなかありません。ここがうちのこだわりですね。」

Q.ところでご主人のご趣味は?

孝:「親父は散歩が趣味やね。笑」

真:「ぶらぶらして古い街並みを見たりするだけでも楽しいんや。」

孝:「山科にはまだ古いお宅などが残っていますからね。」

Q.では最後に、今後の目標は?

孝:「いいところは変えない。でもその時その時のニーズに合った料理作りを心掛けてやっていきたいと思ってます。」

基本情報

店舗名炎の池(専門店)
小学校区山階小学校安朱小学校
中学校区安祥寺中学校
営業時間11:00~22:00
定休日 火曜
住所山科区竹鼻竹ノ街道町43
電話番号075-593-9171