京都山科の子育て世代を応援します!

やましなさん

検索

花山(かさん)中学校

  • 花山中学校1
  • 花山中学校2

学校基本情報

正式名称京都市立花山中学校
住所〒607-8475 京都府京都市山科区北花山横田町27-1
電話075-581-5128
FAX
メール
URLWEBサイトへ

特筆ポイント


  • 学校運営方針
  • 今年度クラス数
    男女比

学校運営方針

自由と規律を尊び、確かな学力を身に付け、自他を尊重できる心身と共に健康な生徒の育成

◎目指す生徒像◎
○何事にも全力で取り組める生徒
○すべての活動に喜びを感じられる生徒
○自分を大切にし、仲間を思いやれる生徒
◎具体的目標◎
1 学力の向上
① 少人数学級(数学・英語)の編成や,個性を尊重したきめ細かな指導により,基礎・基本的な内容を確実に身につけさせるとともに,その能力を伸ばす指導を推進する。
② 学習確認プログラムを有効に活用し,成績を上げることで生徒に自信をつけさせる。
③ 総合的な学習の時間の取組を通して,地域に学び,地域を理解し,地域の人達と共に
活動し,環境についての理解を深めて行動できる生徒を育てる。
④ 生徒の学力向上のために,教職員の指導力を高めるための研修を充実する。
⑤ 支援員やボランティアを活用し,個に応じた適切な支援を行う。(フリスタや土曜学習)
2 生徒指導の充実
① 生徒指導の理念とビジョンを共有し,生徒指導体制の確立と組織的な指導を徹底する。
② 生徒理解を深め,心の通った粘り強い指導をする。
③ 集団の中で,個の自律と自立をうながす指導を徹底する。
④ 生徒個々の課題を明らかにし,自ら解決できる能力を高められるよう指導・支援する。
3 道徳教育の充実
① 学級道徳をはじめ,学年道徳や全校道徳など,その形態や内容について研究を深める。
② 道徳教育を通じて豊かな心を育てると共に,コミュニケーション能力を培う。
③ 10月23日に「学習発表会」を行い,来校者や保護者,地域にその成果を発表する。
④ 引き続き,集会活動などの全校生徒による学習を設定する。季節や学校行事に合わせ
てその内容を工夫する。
4 人権教育の充実
① 生命を尊重し,仲間を大切にして,他人を思いやる心を育成する。
② 人権尊重の精神を育て,あらゆる差別を見抜き,差別を許さない生徒を育てる。
とりわけ育成学級の生徒に対しては,その理解を深め,交流学習の場面を増やすなど
して,共に生活する姿勢を育てる。
③ 平和を尊重する教育を推進する。
5 学級・生徒会活動などの活性化
① 花山中学校の伝統を引継ぎ,独自文化の創造を推進する。
② 集団づくりの観点から学級・生徒会活動を活発にし,自主・自立の力を育成する。
③ 仲間や集団の大切さと社会規範を学ぶ場として,部活動を活発にする。
④ ボランティア活動を通して,社会の一員であることを自覚できる生徒を育てる。
6 学校運営協議会の設置とその有効活用
① 25年度に立ち上げた学校運営協議会をさらに活性化する。
② 「学力の向上」に特化した協議会であることの認識をさらに深める。
③ 保護者や地域の人材を活用し,管理職や教職員が異動しても保護者や地域の人たちに学校を支えていただける組織と体制を更に強化する。
7 小中連携の充実と発展
① 夏の小中合同教員研修会や「面白実験教室」,冬のオープンキャンパスなどのイベント
ごとの内容を考え,それらを更に充実発展させる。
② 小中連携によって目指すもの,小中連携のあり方などについて,時間をかけて討議し
地域の子どもの課題を見据えたうえで,その健全な育成に寄与する。
③ 月に1度など,定期的に小中連携主任が集まり児童生徒や学校の様子を交流するとと
もに,共通の課題を設定して研究活動を重ねる。
◎具体的実践課題◎
 1 学力向上
① 週末課題学習の継続等による家庭学習の定着化
② 学力向上委員会の再編成
③ 昨年度まで実施されてきた補習等の体制化
④ 教科会の定例化
 2 生徒指導
① 顔を見ての話込みの充実(face to face)
 3 道徳教育の充実
① 道徳の教科化に向けて研究
~評価・読み物資料を中心とした指導・花山独自の道徳・項目の網羅~
  (平成31年度から中学校では本格実施,27年度から試行)
② 小中の実践をともなった道徳の連携
 4 人権教育の充実
① 花山中学校がめざす人権教育の再構築
 5 学級・生徒会活動などの活性化
① 地域へ出て行っての活動の活性化
 6 学校運営協議会の設置とその有効活用
① 「読み聴かせ活動」の充実
② 「伝統体験文化活動」の充実
③ 教職員の積極的参加
 7 小中連携の充実と発展
① 実践をともなった小中の教科連携(特に国・数・英及び道徳)
② 小中教職員の交流~まずは小学校へ行ってみよう~

今年度クラス数/男女比

児童数 普通学級:399人  特別支援学級:9人

学年クラス数男女比
1年4組(123人) 
2年4組(144人) 
3年5組(141人) 
4年0組(0人) 
5年0組(0人) 
6年0組(0人) 
特別支援学級3組(9人)