京都山科の子育て世代を応援します!

やましなさん

検索

山科(やましな)中学校

山科中学校1

学校基本情報

正式名称京都市立山科中学校
住所〒607-8145 京都府京都市山科区東野八反畑町50-1
電話075-594-1151
FAX
メール
URLWEBサイトへ

特筆ポイント

著名な出身者
西村晃一(男子バレーボール選手)

  • 歴史
  • 学校運営方針
  • 今年度クラス数
    男女比

山科中学校の歴史

昭22. 4.30 学校改革により創設,山階・勧修・鏡山・音羽・醍醐
         の5小学校を校区として,山階小学校内に併設
   昭22. 5. 5 開校式並びに入学式挙行
   昭23. 4.12 醍醐中学校新設のため,醍醐小学校区生は転校
   昭24. 3.31 第1期校舎竣工
   昭24. 4.11 二部学級廃止
   昭24. 4.13 現在地(東山区山科東野八反畑町50番地の1)に移転
   昭24. 6.22 校歌制定
   昭30. 9.30 山本忠次校長退職
   昭30.10. 1 寺田昌校長着任
   昭32. 4.20 体育館兼講堂の竣工式
   昭35. 3.31 寺田昌校長転任
   昭35. 4. 1 白子修二郎校長着任
   昭39. 4. 1 分教室,京都市立花山中学校として独立
   昭42. 4. 6 分教室,京都市立音羽中学校として独立
   昭42.11. 7 創立20周年記念式典挙行
   昭44. 3.31 白子修二郎校長退職
   昭44. 4. 1 田中延夫校長着任
   昭45. 5.16 プール完工式
   昭48. 4. 1 北分校,京都市立安祥寺中学校として独立
   昭48.11.29 学校体育全国表彰を受ける(日本学校体育研究連合会・文部省)
   昭52. 3.31 田中延夫校長退職
   昭52. 4. 1 南分校,京都市立勧修中学校として独立
   昭52. 4. 1 河野通夫校長着任 〈 本校 17学級・生徒数704名 〉
   昭54. 3.31 河野通夫校長転任
   昭54. 4. 1 赤阪鐵夫校長着任
   昭55. 3.31 赤阪鐵夫校長転任
   昭55. 4. 1 岩切榮校長着任
   昭55.11.12 創立30周年記念式典挙行
   昭58. 3.31 岩切榮校長転任
   昭58. 4. 1 山本孝校長着任
   昭59. 6. 7 生徒総会 「いじめ追放宣言」採択
   昭59. 9.13 「心の花束」 全生徒の前で老人会に贈る
   昭60. 3.31 山本孝校長転任
   昭60. 4. 1 中川文也校長着任
   昭61.10. 4 創立40周年記念式典挙行
   昭62. 3.31 中川文也校長退職
   昭62. 4. 1 木原久雄校長着任
   平 1. 3.31 木原久雄校長転任
   平 1. 4. 1 石原淳一校長着任
   平 3. 4.12 コンピュータ教室完成(5号館3階)
   平 7. 3.31 石原淳一校長退職
   平 7. 4. 1 坂根正之校長着任
   平 7. 8.21 新体育館完成
   平 9. 3.30 プール完成
   平 9. 3.31 坂根正之校長転任
   平 9. 4. 1 河野文彬校長着任
   平 9.10. 4 創立50周年記念式典挙行
   平13.11. 1 学校給食開始 (配膳室・生き生き交流ルーム完成)
   平15. 2.12 ふれあいルーム完成
   平15. 3.31 河野文彬校長退職
   平15. 4. 1 神戸忠夫校長着任
   平16. 9.22 「みやこ学校創生事業」研究発表
   平20. 3.31 神戸忠夫校長退職
   平20. 4. 1 三宅清三校長着任
  平23. 3.31 三宅清三校長退職
   平23. 4. 1 塩谷道次校長着任
   平25. 3.31塩谷道次校長転任
   平25. 4. 1 下岡薫校長着任

学校運営方針

1 学校教育目標
『「生きる力」を身につけ,知性ある豊かな人間を育成する』

2 学校経営方針
(1)人間尊重を基本とし,一人一人が大切にされ,笑顔あふれ,活気に満ちた学校づくりを行う。
(2)道徳教育を推進し,授業・学級経営・行事・部活動など,あらゆる場面で豊かな心を育てる。
(3)学校いじめ防止基本方針を策定し,「いじめは人間として絶対に許されない」という認識のもと,全教職員で組織的に即日対応する。
(4)全教職員による協働体制を確立し,安全・健康・防災教育,食育,体力づくりを推進し,たくましく健やかな体を育てる。
(5)地域の学校としての使命を自覚し,生徒・保護者・地域と双方向の連携・協働を深め,信頼される学校づくりを行う。 
(6)確かな学力・豊かな心を育み,学力向上・生徒指導等の充実に向け小中連携を推進する。

3 めざす生徒像
(1) よりよい生き方をめざし,共に学び合い,創造し合う生徒
(2) お互いを尊重し, 他人を思いやる豊かな心を育む生徒
(3) きまりを守り,礼儀正しくあいさつができる生徒

4 めざす教職員像
(1) 生徒理解の視点に立ち,生徒や保護者と好ましい人間関係を築く教職員
(2) 授業力を高め,常に課題意識を持ち,研修に努める教職員
(3) 人権教育の視点に立ち,いじめや差別のない学校づくりに努める教職員
  
5 重点目標
・授業規律の確立に努め,基礎的・基本的な内容の確実な定着と学力向上を図る 
・あらゆる教育活動の場面で道徳教育の充実と積極的な推進を図る
・生徒の教育的ニーズに応じた支援計画を作成し,支援教育の充実を図る

今年度クラス数/男女比

児童数 普通学級:575人  特別支援学級:10人

学年クラス数男女比
1年5組(202人) 
2年5組(194人) 
3年7組(189人) 
4年0組(0人) 
5年0組(0人) 
6年0組(0人) 
特別支援学級2組(10人)